パーキンソン病のリハビリ

パーキンソン病は原因不明の病気で、黒質にあるドパミン神経がダメになり(変性)、神経伝達物質のドパミンが不足し、運動の調節がうまくいかなくなる病気です。
症状は、片方の手のふるえ、小刻み歩行(チョコチョコ歩き)、動きが遅い、仮面様顔貌(表情が乏しい)、声が小さいなどの症状があります。片方の腕が上がらなくなるので、五十肩と診断されてしまうこともあります。

 

ホーン・ヤールの重症度分類
Ⅰ度 体の片側だけに手足のふるえや筋肉のこわばりがみられる。 体の障害はないか、あっても軽い。
Ⅱ度 両方の手足のふるえ、両側の筋肉のこわばりなどがみられる。 日常の生活や仕事がやや不便になる。
Ⅲ度 小刻みに歩く、すくみ足がみられる、方向転換のとき転びやすくなるなど、日常生活に支障が出る。 介助なしに過ごせ、職種によっては仕事を続けられる。
Ⅳ度 立ち上がる、歩くなどが難しくなる。 生活のさまざまな場面で、介助が必要になってくる。
Ⅴ度 車いすが必要になる。 ベッドで寝ていることが多くなる。

パーキンソン病の治療は薬物療法が主体となりますが、日中に横にならないだけでも、薬の効果がはっきりあらわれ、薬が効いているオンの時間も伸びてきます。リハビリテーションを毎日きちんと行うことで、二次的な関節の拘縮や筋力低下を予防し、パーキンソン病の重症化を防ぐことが重要です。

  1. 関節可動域訓練:パーキンソン病では、意識して姿勢を正さないと猫背になり、腰痛の原因となるので、腰椎伸展体操が効果的です。
  2. 歩行訓練:セラピストの号令による、腕の振りを強調した歩行、歩幅を拡げた歩行、方向転換、歩行開始と停止の練習により、歩行障害を改善します。
  3. 作業療法:手の動きや書字の訓練を行います。
  4. 言語療法:声を大きくはっきり出す練習を行います。
お知らせ
2022/05/01
2022年9月1日(木)開業予定
内覧会:8月27日(土)10:00~17:00、28日(日)10:00~17:00
オープニングスタッフ募集中!

2022年9月1日(木)開業予定

診療時間 日・祝
08:30~12:00   休み
08:30~13:00            
14:00~17:00  

初診・再診ともに予約は行っておりませんので、直接ご来院ください。