よくある質問

診察に予約は必要ですか?
当院は予約制ではありませんのでご来院の順番にご案内差し上げております。
前もってご来院予定の日時に、お名前を伺うことで当日スムーズにご案内できます。
日時を指定しても予約ではないのでしょうか?
患者様の症状によって診察・治療のお時間が異なるため、必ずその時間にお呼びさせて頂くことが難しい場合があります。ご来院予定をお伺いすることで、同じ日時に何名程の患者様がいらっしゃるかご案内ができます。
健康保険は効くのですか?
各種健康保険をお取り扱いしております。初診時は保険証をお持ちください。また再診の場合も、月初めの診療のときは保険証をご提示ください。診療内容によっては、保険が使用できない場合もございます。
今までの病院の紹介状や画像は必要ですか?
紹介状は無くても大丈夫です。他の病院のレントゲンやMRIがあれば、診療がスムーズに進みますが、必ずしも必要ではありません。
診察費用はいくらぐらいかかりますか?
診療費用はこちらをご覧ください。 
他の病院で手術を勧められたのですが、リハビリで治りますか?
当院の多くの患者様が他の医療機関で検査・治療をされてきた方です。もちろん手術しないと治らない患者様もいらっしゃいますが、リハビリが禁忌でなければ、手術をする前に当院の治療を試してみる価値はあると思います。
他の病院で手術を受けた後なのですが、リハビリで治りますか?
他の医療機関で手術を受けてきた方もいらっしゃいます。レントゲンやMRIなどの画像診断も含めて、リハビリの適応を判断しますので、まずは受診していただくことをおすすめします。
MRIを撮ることはできますか?
当院にはMRI機器はありませんが、すぐ近くの画像センターで撮影することが可能です。
駐車場はありますか?
クリニックの専用駐車場はございませんが、井上眼科病院と三井住友海上ビルの地下に時間貸し駐車場がありますので、お車で来院される方はそちらをご利用ください。
車イスなのですが、受診できますか?
車イス対応可能なエレベーターがあり、院内もバリアフリーで、トイレも車椅子対応の手すりが付いておりますので、安心して御来院下さい。
他の病院でリハビリ中なのですが、そちらでもリハビリできますか?
セラピストによるリハビリを2箇所の医療機関で行うことはできませんが、前の病院のリハビリを止めた後であれば、当院のリハビリに変更することはできます。

その他のご質問はこちらからお問い合わせ下さい

お茶の水整形外科からのお知らせ
2018/09/06
院長の記事「変形性股関節症の痛みに対するアプローチ」が月間デイに掲載されました。
2018/09/02
院長の記事「膝が痛いときはどうすればいい? 原因・症状・対処法」がフミナーズに掲載されました。
https://fuminners.jp/karada/14876/
2018/08/30
院長の記事「膝の痛みを改善する」が週刊文春に掲載されました。
2018/08/06
院長の記事「変形性膝関節症の痛みに対するアプローチ」が月間デイに掲載されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察はご予約制ではなくいらしていただいた順番にご案内しております。
患者様の症状によってお呼びする順番も変わる場合がございますがどうかご了承ください。

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
 山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.