姿勢正し体操

腰痛の患者さんがいきなり腰椎前弯のある正しい姿勢を取り、それを維持するのは大変でしょう。そこで痛みナビ体操とともに、タイプ別の姿勢正し体操を併せて指導しています。姿勢がよくないと、痛みナビ体操の効果が相殺されてしまうからです。 腰を反らすとらくな後屈改善型腰痛の人は、腰椎前弯のある、腰が反った姿勢を意識して保てばいいでしょう。腰を丸めるとらくな前屈改善型腰痛の人の場合、腰を反らしすぎた姿勢は痛みやしびれを引き起こしますので、普段はできる範囲で上体を起こし、そこから心持ち前かがみになるくらいの姿勢で過ごせばいいでしょう。 側方改善型腰痛の人は、心持ち前かがみか腰が反った姿勢のうち、自分にとってらくな姿勢を選んで、その姿勢を心がければいいでしょう。もちろん理想の正しい姿勢を保てれば、それに越したことはありません。こうして症状の改善に応じてふだんの姿勢を正しい姿勢に徐々に近づけていくことが、痛みを根治に導く決め手なのです。

後屈改善型腰痛の姿勢正し体操

  1. イスに腰かけて、痛みが出ないところまで背中を丸める。
  2. 顔は正面に向けあごを引き、胸を斜め上45度に突き出し、腰を反らす。この姿勢を2~3秒保つ。
  3. ①②を10回くり返すのを1セットとして、デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けたときに30分~1時間おきに1セットずつ行う。
お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/09/25
院長の講演会「『痛みナビ体操』でひざ痛解消」が朝日カルチャーセンター(新宿教室)で、2017年 11/25土曜 10:30-12:00に行われます。
2017/09/15
院長の記事「サックス奏者のカラダの悩みを改善!」がサックスワールド(ホットリバー)に載りました。
2017/09/01
院長の著書「4万人の腰部脊柱管狭窄症を治した!腰の痛みナビ体操」がアチーブメント出版より出版されました。
2017/08/15
ホロジック社の全身型骨密度測定装置(デキサ)を導入しました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日15:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学膝関節グループ)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。