股関節の痛み 
40歳、女性、東京都、会社員

 私の股関節痛は、今から4年前に右足のつけ根に違和感を覚えたのが始まりでした。最初は、右足の動きが悪くなった感じがする程度でした。しかし、痛みがどんどん悪化し、今年の初めには、右足を引きずって歩くのがクセになっていました。私の場合、右の股関節からひざにかけての痛みがひどく、会社でも書類を渡しに行く程度の仕事でさえ大変でした。鎮痛薬が手放せなくなり、毎日、服用していたほどです。以前、通っていた整形外科では、人工関節をつける手術をすすめられていました。しかし、入院して仕事を休むわけにはいきません。鎮痛薬を飲みつつ、なんとか我慢していました。 

 そんな今年の4月、お茶の水整形外科のことを同僚が教えてくれたのです。早速、予約を取って、仕事帰りにお茶の水整形外科を訪ねてみました。院長の銅冶英雄先生は、股関節の痛みを和らげる体操を何種類か教えてくれました。そこで、股関節の体操を1日に5、6回行い、お茶の水整形外科クリニックには週に1回のペースで通院するようにしたら、股関節の状態がだんだんとよくなっていったのです。

 ところが、6月になると、股関節周囲の筋肉に強い痛みが出てきました。心配になって先生に相談したところ、これまで使っていなかった筋肉を使っているためで、一時的なものとのこと。結果、その痛みは最近ではほとんどなくなっています。また、足を引きずるようだった歩き方も、右足にしっかりと力を入れることができるようになり、かなり改善しています。歩行中に右足のひざが内側に入ってしまうクセもなくなり、足をほぼまっすぐ前方に踏み出せるようになりました。

 銅冶先生は、鎮痛薬の処方を極力控えているそうですが、私は、先生にお願いして薬を処方してもらっていました。鎮痛薬がないと不安だからです。そして、7月中旬に「そろそろ鎮痛薬をやめてみようか」と先生にいわれ、鎮痛薬を飲むのをおそるおそるやめてみました。すると、股関節に少し痛みはあるものの、普通に出勤して帰宅することができたのです。鎮痛薬なしでも大丈夫なことがわかり、大変に勇気づけられました。これからも体操を続けて、股関節痛の完治をめざしたいと思います。

患者様の声 股関節の痛みのケース

お茶の水整形外科からのお知らせ
2018/06/14
院長が朝日カルチャーセンター横浜で、8月4日13時~講演をおこないます。
2018/06/06
院長の記事「猫背のリスク」が週刊文春に掲載されました。
2018/05/30
院長がテレビ東京「主治医が見つかる診療所」に出演し、内山君にもどきご飯を紹介しました。
2018/05/25
院長の記事「首の痛みをセルフケアで解消」が日経ヘルス健康情報に掲載されました。
2018/04/16
院長の記事「ひざの痛みに人工関節」が講談社週刊現代に掲載されました。
2018/04/12
洋泉社より「100歳まで元気に歩く正しい歩き方」が出版されました。
2018/04/09
4月16日(月)より、受付と会計は2階に移動となります。
2018/04/02
院長が4月2日TBS「名医の太鼓判!」腰・股関節・膝の痛みの改善に出演し、ラサール石井さんのひざ痛と犬山紙子さんの腰痛を治しました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
 山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.