「慢性疾患などを有する定期受診患者に対して、電話(情報通信機器)を用いて診察し医薬品の処方を行い、ファクシミリなどで処方箋情報を送付可能(2020.2.28)」との厚労省の通知がでました。

定期処方・新規処方をご希望の患者様は当院にお電話(03-5577-6655)にてお問合せ下さい。

※初診の方のご案内→こちら

※リハビリご予約・キャンセルのご案内→こちら

※リハビリのお時間に遅刻するご連絡→こちら

「慢性疾患などを有する定期受診患者に対して、電話(情報通信機器)を用いて診察し医薬品の処方を行い、ファクシミリなどで処方箋情報を送付可能(2020.2.28)」との厚労省の通知がでました。

定期処方・新規処方をご希望の患者様は当院にお電話(03-5577-6655)にてお問合せ下さい。

※初診の方のご案内→こちら

※リハビリご予約・キャンセルのご案内→こちら

※リハビリのお時間に遅刻するご連絡→こちら

足の痛み(あしのいたみ)

足は体の土台として全体重を支えているので、強い負担がかかり変形を起こしやすい部分です。扁平足や外反母指あるいは開張足はいずれも足のアーチがくずれたために起こる変形です。また、足首は捻挫を起こしやすい関節で、靭帯が傷むと足首の不安定さを残してしまいます。足や足首に異常がないにも関わらず強い足の痛みがあるときは、腰の異常から来る足の痛みかもしれません。

対策

足のアーチがくずれていれば、足のアーチを支えて変形を矯正するインソールや靴を作成します。足首のゆるさがあれば、足首を固定する装具を作成します。足の異常があまりないのに強い足の痛みがあるときは、腰の診察をして腰の異常から来る足の痛みが疑われれば、腰の椎間板や椎間関節の「ずれ」を戻す体操を行ってみて、足の痛みが変化するかどうかをみます。当院では、一人ひとりに合ったインソールや靴を義肢装具士が作成したり、セラピストがリハビリを指導したりして、足の痛みを根本的に治していきます。

足の痛みの体験談へ