頚椎症
(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

頚椎の椎間板が傷んで骨が変形した状態が頚椎症で、脊髄からわかれて上肢へゆく神経根が圧迫されると頚椎症性神経根症、脊髄が圧迫されると頚椎症性脊髄症といいます。

症状
頚椎症性神経根症では首や肩あるいは腕に痛みやしびれが生じます。頚椎症性脊髄症では手足のしびれに加えて、ボタンやお箸の使用、字を書くことが不器用になったり、歩行で脚がもつれるようになったりといった症状が出ます。
診断
首や肩あるいは腕に痛みやしびれがあることと、頸椎を後方に反らせたり横に曲げたりすると、痛みやしびれが増強することや、手足の感覚や力が弱いこと、手足の腱反射の異常などで診断します。レントゲンでは頚椎の変形を認めることで診断します。頚椎症性神経根症のMRIは骨棘による神経根の圧迫を確認できる場合もあり、頚椎症性脊髄症のMRIは脊髄の圧迫を認めます。
治療
頚椎症性神経根症は保存的治療が中心となりますが、頚椎症性脊髄症で症状が進行するときは神経に不可逆的変化が生じることがありますので、漫然と保存療法を続けるのではなく、適切な時期に手術をおこないます。頚椎症性脊髄症による神経障害で、箸やボタンなどの手指の細かな運動がしづらくなったり、歩行障害や頻尿、尿閉、尿失禁または便秘などの膀胱直腸障害が出現したりした場合には手術を要します。頚椎症性神経根症でも筋力低下が著しい場合や、強い痛みで仕事や日常生活が障害されている場合は、手術的治療を行う場合もあります。

整形外科の病気一覧

お茶の水整形外科からのお知らせ
2017/09/25
院長の講演会「『痛みナビ体操』でひざ痛解消」が朝日カルチャーセンター(新宿教室)で、2017年 11/25土曜 10:30-12:00に行われます。
2017/09/15
院長の記事「サックス奏者のカラダの悩みを改善!」がサックスワールド(ホットリバー)に載りました。
2017/09/01
院長の著書「4万人の腰部脊柱管狭窄症を治した!腰の痛みナビ体操」がアチーブメント出版より出版されました。
2017/08/15
ホロジック社の全身型骨密度測定装置(デキサ)を導入しました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
       
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
  鈴木
※3
横山
※4
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週水曜日15:30-18:30鈴木聡医師(東京医科歯科大学膝関節グループ)
※4:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科グループ)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。