悪い姿勢が腰痛を招く

パソコン仕事や車の運転などを長時間続けていると、「腰が鈍く痛む」「腰が重だるい」と訴える人がたくさんいます。このような腰の鈍痛や重だるさが長期間続くのが慢性腰痛です。慢性腰痛を予防・改善するには、腰に負担をかけない正しい姿勢を取ることが大切です。正しい姿勢を身につけなければ、せっかく運動を行っても腰痛を改善する効果が十分に得られないのです。
では、腰に負担をかけない正しい姿勢とは、どのようなものなのでしょうか。体を支える背骨は、24個の椎骨、仙骨、尾骨が重なって構成されています。このうち椎骨は頚椎(首の骨)、胸椎(背胸の部分)、腰椎(背骨の腰の部分)に分けられ、横から見るとゆるやかなS字の弯曲を描いています。中でも腰椎は、上半身の体重を支え、跳んだりはねたりしたときの衝撃を吸収する重要な働きを担っているので、常に大きな負担がかかっています。そのため、上半身の体重の衝撃を吸収し、負担を減らすように、腰椎は前方に弯曲しているのです。この弯曲を「腰椎前弯」と呼びます。実は、ほとんどの腰痛は、腰椎前弯が失われるために起こります。
腰椎前弯が失われると、腰に大きな負担がかかります。すると、椎間板(椎骨どうしの間でクッションの役割をしている軟骨組織)に偏った負荷がかかって中にあるゼリー状の髄核が押し出され、腰の鈍痛や重だるさが起こるのです。腰椎前弯が失われるのは、背中や腰が丸まった悪い姿勢を取るときです。中でも、最も注意が必要なのは座り姿勢です。私たちは座るとき、気が付くとすぐに腰が丸まってしまいます。実際、パソコン仕事をしているとき、ソファにだらしなく腰かけてテレビを見ているとき、車の運転をしているときなど、私たちは知らず知らずのうちに腰椎前弯が失われる姿勢を長時間取っているのです。また、床に座るときは、あぐらや横座りが要注意です。こうした座り方も、腰が丸まりやすく、腰椎前弯が失われやすい姿勢といえます。さらに、掃除機をかける、台所で洗いものをする、しゃがんで草むしりをする、うつむいて読書をするなど、前かがみで行う動作でも腰椎前弯は失われます。

ニュース
2020/07/01
院長の記事「脊柱管狭窄症の痛みが解消!朝イチ体操」がわかさ2020年8月号(わかさ出版)に掲載されました。
2020/05/13
テレビ朝日 「林修の今でしょ!講座」で院長が林先生の腰痛をオンラインリハビリで治療しました
2020/04/20
院長の二つの記事「肩・腰・ひざの3大痛が自宅で治った!」と「大人の春シューズカタログ」が女性セブン(小学館)に掲載されました。
2020/04/15
院長の記事「肩が痛くてファスナーが…」がオレンジページ(㈱オレンジページ)に掲載されました。
2020/04/08
院長の記事「股関節痛は自分で治せる!」がサンデー毎日(毎日新聞社)に掲載されました。
2020/03/15
院長の記事「物を持ち上げた瞬間腰に激痛が…」がオレンジページ(㈱オレンジページ)に掲載されました。
2020/03/15
テレビ東京 「芸能人を救った名医たち!私のベストドクター」で院長の腰痛体操がオンエアされました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土・日・祝
08:30

12:00
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
休み
榎本 (榎本)
※2
榎本 榎本 榎本
09:00

12:30
  大川
※3
     
14:00

17:30
銅冶 (銅冶)
※4
銅冶 銅冶 銅冶
榎本 (榎本)
※5
榎本 榎本 榎本
14:00

17:15
手外科
※1
山内
※6
堀江
※7
   

※1:毎週月曜日 14:00-17:15 田中医師 (東京医科歯科大学手の外科)
※2:第1,2,4,5火曜日8:30-12:00 榎本医師 (第3火曜日8:30-12:00は休診)
※3:第4火曜日  初診9:00-12:30/ 再診9:00-12:30 大川教授(東京医科歯科大学)
※4:第3火曜日 14:00-17:30 院長 (第1,2,4,5火曜日14:00-17:30は休診)
※5:第1,2,4,5火曜日 14:00-17:30 榎本医師 (第3火曜日14:00-17:30は休診)
※6:毎週火曜日 14:00-17:30 山内医師(東京女子医科大学)
※7:毎週水曜日 14:00-17:15 堀江医師(杏雲堂病院)

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.