変形性股関節症
(へんけいせいこかんせつしょう)

股関節を構成する骨盤の臼蓋と大腿骨の骨頭の軟骨がすり減って、骨が変形し痛みを引き起こす病気です。明らかな原因の無い1次性変形性股関節症と、先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などによる 2次性変形性股関節症に分けられます。日本では先天性股関節脱臼の後遺症や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので変形性股関節症の80%といわれています。

症状
主な症状は股関節の痛みですが、大腿部、腰部、膝関節に痛みが起こることもあります。股関節の動きが制限されると靴下を履くのも困難になってきます。変形が進行して脚の長さも左右で違いが出てくると、歩くたびに傾いた姿勢になり階段も手すりが必要になってきます。
診断
股関節の痛みがあることと、あお向けに寝て膝を曲げた状態で片方ずつ外側に倒していくパトリックテストで痛みを訴えることで診断できますが、全例で陽性となるわけではありません。股関節のレントゲンで初期は関節の隙間が狭くなりますが、進行すると関節に骨棘という骨の変形や骨嚢胞という骨の空洞ができ、末期では関節の隙間は消失し、骨頭の変形も著名になります。MRIでは軟骨のすり減りの程度や骨の中の空洞や浮腫の程度を評価することができます。股関節や脚の痛みは腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症あるいは変形性膝関節症などの症状と似ていてそれぞれが合併することもあるので、鑑別診断をする必要があります。
治療
筋肉トレーニングは、股関節を外側に開く働きのある中殿筋の筋力強化が有効だとよく言われますが、股関節の動きが悪い状態で中殿筋の訓練を行なおうとしても骨盤で動いていることがよくありますので、まずは股関節の可動性を改善することが必要です。股関節に対する負担を減らすための日常生活の注意は最も重要です。杖は片側に軽くつくだけでもかなり股関節への負担を軽減する効果がありますので、心理的に抵抗がなければ杖を使用することを勧めています。肥満傾向にある場合は減量したほうが負担を軽くできます。歩行は痛みの無い範囲でなら構いませんが、痛みがあるのに長時間歩くことは避けるようにします。水中ウォーキングは股関節への負担が少ないので構いません。脚の長さに差があり歩くたびに体が傾くようであれば、靴の底に高さをたすことで脚の長さを調節します。初期のうちは股関節を生かした骨盤骨切り術や大腿骨骨切り術などがありますが、関節の変形がすすんでいる場合は人工関節全置換術が行われます。人工関節は股関節の痛みをとって動きを回復しますが、あくまでも金属や樹脂でできた人工物であるので、使っているうちに磨り減ってきて10数年経つと入れ替える手術が必要になることがあります。股関節固定術は股関節の動きを犠牲にして腰椎や膝による代償が必要となるため、人工関節が開発された現在は、あまりおこなわれていません。
お茶の水整形外科からのお知らせ
2018/08/09
8月14日(火)午後~8月17日(金)は夏季休暇となります。8月14日(火)は13時まで、8月20日(月)からは通常の診療を行ないます。
2018/08/06
院長の記事「変形性膝関節症の痛みに対するアプローチ」が月間デイに掲載されました。
2018/07/30
院長の記事「あなたの膝・腰は大丈夫ですか?」が㈱CHINTAIわんだふるオーナーズに掲載されました。
2018/07/30
院長の記事「痛みナビ体操」が羊泉社ムック腰部脊柱万狭窄症を自分で治すに掲載されました。
2018/07/14
9月1日に院長自らが治療を行う公開治療体験会が開催されます。(pdf)

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内

診療時間 土日祝
09:30

13:00
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 休み
09:30

13:00
高石
※2
  山内 ※4    
09:40

13:30
  大川
※1
     
15:30

18:30
銅冶 銅冶 銅冶 銅冶 銅冶
15:30

18:30
高石
※2
 山内 ※3 堀江
※5
横山
※6
 

※1:第2,4火曜日9:40-13:30大川淳教授(東京医科歯科大学)
※2:毎週月曜日9:30-18:30高石官成教授(東京医科大学)
※3:毎週火曜日15:30-18:30山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※4:毎週水曜日9:30-13:00山内かづ代医師(東京女子医科大学)
※5:毎週水曜日15:30-18:30堀江雅史医師(杏雲堂病院)
※6:毎週木曜日15:30-18:30横山裕之医師(東京医科歯科大学手の外科)
※ご予約でも混み具合によっては、お待ちいただくことがあります。
※施設管理者:銅冶英雄

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。外国人患者の方は、必ず通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.