「慢性疾患などを有する定期受診患者に対して、電話(情報通信機器)を用いて診察し医薬品の処方を行い、ファクシミリなどで処方箋情報を送付可能(2020.2.28)」との厚労省の通知がでました。

定期処方・新規処方をご希望の患者様は当院にお電話(03-5577-6655)にてお問合せ下さい。

※初診の方のご案内→こちら

※リハビリご予約・キャンセルのご案内→こちら

※リハビリのお時間に遅刻するご連絡→こちら

「慢性疾患などを有する定期受診患者に対して、電話(情報通信機器)を用いて診察し医薬品の処方を行い、ファクシミリなどで処方箋情報を送付可能(2020.2.28)」との厚労省の通知がでました。

定期処方・新規処方をご希望の患者様は当院にお電話(03-5577-6655)にてお問合せ下さい。

※初診の方のご案内→こちら

※リハビリご予約・キャンセルのご案内→こちら

※リハビリのお時間に遅刻するご連絡→こちら

変形性股関節症
(へんけいせいこかんせつしょう)

股関節を構成する骨盤の臼蓋と大腿骨の骨頭の軟骨がすり減って、骨が変形し痛みを引き起こす病気です。明らかな原因の無い1次性変形性股関節症と、先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などによる 2次性変形性股関節症に分けられます。日本では先天性股関節脱臼の後遺症や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので変形性股関節症の80%といわれています。

症状
主な症状は股関節の痛みですが、大腿部、腰部、膝関節に痛みが起こることもあります。股関節の動きが制限されると靴下を履くのも困難になってきます。変形が進行して脚の長さも左右で違いが出てくると、歩くたびに傾いた姿勢になり階段も手すりが必要になってきます。
診断
股関節の痛みがあることと、あお向けに寝て膝を曲げた状態で片方ずつ外側に倒していくパトリックテストで痛みを訴えることで診断できますが、全例で陽性となるわけではありません。股関節のレントゲンで初期は関節の隙間が狭くなりますが、進行すると関節に骨棘という骨の変形や骨嚢胞という骨の空洞ができ、末期では関節の隙間は消失し、骨頭の変形も著名になります。MRIでは軟骨のすり減りの程度や骨の中の空洞や浮腫の程度を評価することができます。股関節や脚の痛みは腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症あるいは変形性膝関節症などの症状と似ていてそれぞれが合併することもあるので、鑑別診断をする必要があります。
治療
筋肉トレーニングは、股関節を外側に開く働きのある中殿筋の筋力強化が有効だとよく言われますが、股関節の動きが悪い状態で中殿筋の訓練を行なおうとしても骨盤で動いていることがよくありますので、まずは股関節の可動性を改善することが必要です。股関節に対する負担を減らすための日常生活の注意は最も重要です。杖は片側に軽くつくだけでもかなり股関節への負担を軽減する効果がありますので、心理的に抵抗がなければ杖を使用することを勧めています。肥満傾向にある場合は減量したほうが負担を軽くできます。歩行は痛みの無い範囲でなら構いませんが、痛みがあるのに長時間歩くことは避けるようにします。水中ウォーキングは股関節への負担が少ないので構いません。脚の長さに差があり歩くたびに体が傾くようであれば、靴の底に高さをたすことで脚の長さを調節します。初期のうちは股関節を生かした骨盤骨切り術や大腿骨骨切り術などがありますが、関節の変形がすすんでいる場合は人工関節全置換術が行われます。人工関節は股関節の痛みをとって動きを回復しますが、あくまでも金属や樹脂でできた人工物であるので、使っているうちに磨り減ってきて10数年経つと入れ替える手術が必要になることがあります。股関節固定術は股関節の動きを犠牲にして腰椎や膝による代償が必要となるため、人工関節が開発された現在は、あまりおこなわれていません。
ニュース
2020/03/15
院長の記事「物を持ち上げた瞬間腰に激痛が…」がオレンジページ(㈱オレンジページ)に掲載されました。
2020/03/15
テレビ東京 「芸能人を救った名医たち!私のベストドクター」で院長の腰痛体操がオンエアされました。
2020/03/05
当院は感染症指定医療機関ではないため、原則として新型コロナウイルス感染症の患者様の受診はできません。当院に外来受診予定の方で以下に該当する方は、政府の「新型コロナウイルス感染症の基本方針」に基づき受診を見合わせていただきます。
  1. 14日以内に、中国・イラン・韓国・北イタリアに渡航または居住していた方
  2. 風邪の症状、だるさや37.5度以上の発熱がある方(解熱剤を飲んでいる方も同様)
  3. 新型コロナウイルス感染症の患者さんと接触歴のある方
上記の判断が難しい場合には、お電話(03-5577-6655)でご連絡ください。
2020/02/28
院長の記事「「ひざ痛」はタイプがわかれば今すぐ治る!」がマイエイジ(集英社)に掲載されました。
2020/01/28
院長の記事「運動療法についての疑問」が脊柱管狭窄症最高の治し方大全(文響社)に掲載されました。
2020/01/24
院長の記事「自分でできる腰痛・膝痛改善」が商工クラブ687号(日本商工倶楽部)に掲載されました。
2020/01/20
院長の記事「ひざ痛・関節痛のホームケアガイド」が元気のわ 新春号(㈱日本薬師堂)に掲載されました。
2020/01/12
院長の書籍「決定版! 関節痛を自分で治す名医のワザ」が宝島社から出版されました。

おすすめ動画 PICK UP

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
腰痛収録音声

「わかさ出版ラジオマガジン 健康ドンドン」
ひざ痛収録音声

診療時間のご案内
(2020年4月~の診療時間は更に下にスクロールしてください)

診察は予約制ではありません。事前に診察希望日時にお名前をネットか電話で登録していただいた方から順番にご案内差し上げております。急患などの状況によっては、お呼びする順番が変わる場合がありますのでご了承ください。
※リハビリと装具は予約制となっております。

診療時間 土・日・祝
08:30

12:00
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
銅冶
休み
榎本 (榎本)
※2
榎本 榎本 榎本
09:00

12:30
  大川
※3
     
14:00

17:30
銅冶 (銅冶)
※4
銅冶 銅冶 銅冶
榎本 (榎本)
※5
榎本 榎本 榎本
14:00

17:15
手外科
※1
山内
※6
堀江
※7
   

※1:毎週月曜日
2020年4月-2020年6月 14:00-17:15 藤原医師(東京医科歯科大学手の外科)
2020年7月-2021年3月 14:00-17:15 田中医師(東京医科歯科大学手の外科)
※2:第1,2,4,5火曜日8:30-12:00 榎本医師 (第3火曜日8:30-12:00は休診)
※3:第4火曜日  初診9:00-12:30/ 再診9:00-12:30 大川教授(東京医科歯科大学)
※4:第3火曜日 14:00-17:30 院長 (第1,2,4,5火曜日14:00-17:30は休診)
※5:第1,2,4,5火曜日 14:00-17:30 榎本医師 (第3火曜日14:00-17:30は休診)
※6:毎週火曜日 14:00-17:30 山内医師(東京女子医科大学)
※7:毎週水曜日 14:00-17:15 堀江医師(杏雲堂病院)

外国人患者の方へ
当院は外国語によるサポートを行っておりません。日本語の分からない方は、通訳をともなっての受診をお願い致します。

Instructions for International Patients
Ochanomizu Orthopaedic Clinic does not serve language assistance. Patients who don’t understand the Japanese language, please bring a translator with you.