テニス肘(上腕骨外側上果炎)
(てにすひじ じょうわんこつがいそくじょうかえん)

肘の外側には手首を持ち上げる筋肉や指を伸ばす筋肉が付いていますが、これらの筋肉の付け根に負担が掛かり、炎症を起して痛みが出現します。テニスだけでなくパソコンのマウス操作などでも起こります。
テニスエルボーバンドはバンドを巻きつけ、筋肉の付着部にかかる負担を軽減して痛みを和らげる効果があります。副腎皮質ステロイド剤と麻酔薬への注射も行われますが、痛みを抑えるための対症療法であり長期間に渡って繰り返しおこなうべきではありません。根本的治療は運動療法で、肘や手首の体操を行います。

症状
テニスやゴルフ、マウスの操作、タオルを絞る、ものを持ち上げる等の動作で、筋肉の緊張が強くなると、肘の外側から腕に痛みが出現し、肘の外側を押しても痛みが出ます。使いすぎとも言われますが、それ程使わなくても症状が出現場合もあります。手関節を曲げる筋肉が緊張すると、上腕骨内側上顆という肘の内側の突起に炎症をおこし、上腕骨内側上顆炎と呼ばれます。いずれの場合も首の姿勢が関係し、頚椎の障害が炎症を悪化させていることもあります。
診断
肘の外側から腕の痛みがあることと、肘を伸ばしたまま抵抗を加えながら手首を伸ばすと痛みが出現することで診断できますが、全例で陽性となるわけではありません。レントゲン写真で肘関節に異常所見を認めません。肘から腕の痛みは頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症などの症状と似ていてそれぞれが合併することもあるので、鑑別診断をする必要があります。
治療
上腕骨外側上顆に副腎皮質ステロイド剤と麻酔薬への注射が行われますが、痛みを抑えるための対症療法であり、長期間に渡って繰り返し関節内注をおこなうべきではありません。テニスエルボーバンドは、短橈側手根伸筋の筋腹にバンドを巻きつけ、短橈側手根伸筋腱の付着部にかかる負担を軽減して痛みを和らげる効果がありますが、負担をすべて軽減できるわけではありませんので根本的な治療にはなりません。また、前腕を締めつけるので長時間装着すると手がうっ血してきます。
お知らせ
2022/05/01
2022年9月1日(木)開業予定
内覧会:8月27日(土)10:00~17:00、28日(日)10:00~17:00
オープニングスタッフ募集中!

2022年9月1日(木)開業予定

診療時間 日・祝
08:30~12:00   休み
08:30~13:00            
14:00~17:00  

初診・再診ともに予約は行っておりませんので、直接ご来院ください。