よくある質問 薬・食事編

前の病院で貰っていた痛み止めは飲んだ方がいいでしょうか?
痛み止めの効果を感じていれば、飲み続けていて構いません。効果を感じてないようであれば、薬を減らした方が良い場合もありますので、医師にご相談ください。
痛み止めはいつまで続ければいいのでしょうか?
痛みが改善してきたら、痛み止めは減らしていくといいでしょう。痛み止めは痛みを抑えている対症療法なので、減らせればそのほうが体には優しいのです。具体的な減らし方は、医師にご相談ください。
痛み止めを減らしたいのですが、どのようにすればいいのでしょうか?
すぐに止めても良い薬と、徐々に減らした方が良い薬がありますので、具体的な減らし方は、医師にご相談ください。
痛みを治す食事はありますか?
食事だけで痛みを治すことはできませんが、軟骨はタンパク質で出来ているので、肉・魚・卵といったタンパク質を中心とした食事にして、タンパク質を劣化させる糖質(甘いものや炭水化物)を減らすといいでしょう。
痩せないと痛みは無くなりませんか?
必ずしも肥満が痛みの原因ではありませんので、痩せなければいけないということではありません。膝や足などは体重の負担を減らすのはいいことですが、そう簡単に痩せられる訳ではないので、まずはリハビリや装具で痛みを改善しましょう。
サプリメントは飲んだ方がいいのでしょうか?
世の中にはいろいろなサプリメントがありますが、効果があるという研究もあれば効果がないという報告もあります。飲んでも構いませんが、無理に飲む必要はありません。
骨粗鬆症の薬は、飲み続けなくてはいけませんか?
骨粗鬆症はすぐに良くなる病気ではありませんので、しばらくは継続して飲み続けることが必要です。治療効果は骨密度検査を行って判断しますが、中には骨密度が正常値に戻って薬をやめられる患者さんもいます。
薬だけ欲しいのですが、診察が必要ですか?
医師の診断により、処方箋を出すことが必要です。症状が変わらなくても、診察を受けていただいたうえで処方箋をお出しします。

その他のご質問はこちらからお問い合わせ下さい

お知らせ
2022/11/27
外部医療機関からのMRI依頼の受付を開始しました。
2022/10/13
業務拡大に伴い看護師・義肢装具士・放射線技師・臨床検査技師(MRI経験者)・理学療法士・作業療法士を募集します。
採用情報はこちらからご確認いただけます。
2022/09/19
診察は基本的には受付順にお呼びしますが、怪我や骨折などの急患、あるいは薬や注射のみの方など状況に応じて、順番が前後することがありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
診療時間 日・祝
08:30~11:30   休み
08:30~13:00            
14:00~17:00  

初診・再診ともに予約は行っておりませんので、直接ご来院ください。