変形性膝関節症
(へんけいせい しつかんせつしょう)

膝関節の軟骨がすり減って、骨が変形し痛みを引き起こす病気です。主な症状は膝の痛みと変形および動きの悪さで、膝が脹れぼったいときは水がたまっていることがあります。レントゲンで関節の隙間の狭小化や骨の変形の程度を診断します。MRIでは軟骨のすり減りの程度や骨の中の空洞や浮腫の程度を評価することができます。
膝のサポーターはO脚変形やX脚変形が強い場合には、金属の硬い支柱つきのサポーターでしっかりと変形を矯正すると効果的です。靴の中敷に角度をつけた足底装具で膝の変形を矯正することもあります。歩行は痛みの無い範囲でなら構いませんが、痛みがあるのに長時間歩くことは避けるようにします。関節の変形がすすんでいる場合は人工膝関節置換術が行われます。手術するほどの痛みでなければ、運動療法で痛みを改善させることは可能です。

症状
主な症状は膝の痛みと変形および動きの悪さで、初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛みますが、徐々に正座や階段の昇降が困難となり、末期になると安静時にも痛みがとれず、膝が伸びずに歩行が困難になります。膝が脹れぼったく、膝が重いときは膝に炎症を起こして水がたまっていることがあります。内側型ではO脚変形、外側型ではX脚変形を起こし、膝蓋型では膝を曲げ伸ばしするときに音がします。
診断
膝の痛みと変形および動きの悪さがあることと、レントゲンで関節の隙間の狭小化や骨の変形の程度を診断します。MRIでは軟骨のすり減りの程度や骨の中の空洞や浮腫の程度を評価することができます。膝の痛みは腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症あるいは変形性股関節症から来る症状に似ていて、それぞれが合併することもあるので、鑑別診断をする必要があります。
治療
関節液の成分であるヒアルロン酸の関節内注射や炎症を抑えるステロイドの関節内注射もよく行われる治療です。しかし関節内注射は細菌が関節内に入ってしまう化膿性膝関節炎という合併症を引き起こす可能性があり、ステロイドは関節の破壊を助長する可能性があるので、長期間に渡って繰り返し関節内注をおこなうべきではありません。膝のサポーターは膝関節を安定化させるのに役立ちますが、筒状の柔らかいサポーターを着けるだけではあまり意味がありません。サポーターは圧迫力を調整できて、側方の支持ができるものが望ましいです。O脚変形やX脚変形が強くて不安定な場合には金属の硬い支柱つきのサポーターでしっかりと変形を矯正する必要があります。靴の中敷に角度をつけた足底装具で膝の変形を矯正することもありますが、扁平足や足首の靱帯損傷がないことを確認したうえで作成しないと、足部の障害を引き起こすことがあります。大腿四頭筋筋力強化や歩行訓練、水中歩行股関節を外側に開く働きのある中殿筋の筋力強化が有効だとよく言われますが、誰にでも適しているわけではなく筋肉トレーニングで痛みが強くなる場合もありますので、その方に合った運動療法を選択していくことが重要です。膝関節に対する負担を減らすための日常生活の注意は最も重要です。杖は心理的に抵抗がなければ使用することを勧めています。肥満傾向にある場合は減量したほうが負担を軽くできます。歩行は痛みの無い範囲でなら構いませんが、痛みがあるのに長時間歩くことは避けるようにします。膝の土台である足が安定すると膝の痛みも軽減されますので、外反母趾など足の状態を診断した上で、適切な靴を履くことが重要です。初期のうちは関節鏡での滑膜切除術や骨を切って変形を矯正する高位脛骨骨切り術などがありますが、関節の変形がすすんでいる場合は人工関節全置換術が行われます。人工関節は膝関節の痛みをとって動きを回復しますが、あくまでも金属や樹脂でできた人工物であるので、使っているうちに磨り減ってきて10数年経つと入れ替える手術が必要になることがあります。膝関節固定術は股関節や足関節による代償が必要となるため、人工関節が開発された現在は、あまりおこなわれていません。
お知らせ
2022/11/27
外部医療機関からのMRI依頼の受付を開始しました。
2022/10/13
業務拡大に伴い看護師・義肢装具士・放射線技師・臨床検査技師(MRI経験者)・理学療法士・作業療法士を募集します。
採用情報はこちらからご確認いただけます。
2022/09/19
診察は基本的には受付順にお呼びしますが、怪我や骨折などの急患、あるいは薬や注射のみの方など状況に応じて、順番が前後することがありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
診療時間 日・祝
08:30~11:30   休み
08:30~13:00            
14:00~17:00  

初診・再診ともに予約は行っておりませんので、直接ご来院ください。