リハビリ

後屈改善型腰痛

まず基本となる後屈運動を行います。後屈運動後屈運動は、肩幅に足を開いて立った姿勢で、腰に手を当てて腰を反らしていきます。この後屈運動を10回行って、「痛みの範囲」「痛みの強さ」「動きやすさ」の三項目で痛みが改善したかどうかを確認します。一度だけの運動で判断してはいけません。1回目の運動で痛みが出ても、運動を繰り返すうちに、徐々に痛みが改善することもあるので、運動は必ず10回程度反復して行ってください。後屈運動を行った直後に運動前より痛みが改善すれば、「後屈改善型腰痛」と判定されます。後屈運動刺激を継続するために壁反らしに進みます。

お知らせ
2024/4/19
放射線技師・医療事務・看護師・理学療法士・作業療法士を募集します。 採用情報はこちらからご確認いただけます
診療時間 日・祝
08:30~11:30   休み
08:30~13:00            
14:00~17:00  

初診・再診ともに予約は行っておりませんので、直接ご来院ください。